実は全く違うのかもしれません

bV6KCG9d   2016年5月19日   実は全く違うのかもしれません はコメントを受け付けていません。

かつての私は絶対にこんなふうな恋愛観を持っていなかったはずなのですが、ちょっとしたはずみで出会い系サイトを利用し始め、そこですごく素敵な男性と知り合い、その男性とセフレの関係を持ってから、自分の価値観が少しずつ変わっていっているのを感じます。

自分の大好きな人のそばにいられるんだったら、その人との関係はセフレであっても構わないと思うようになってしまったのです。確かに私のセフレは既婚者ですし、現在の奥さんとは全く別れるつもりがないということをはっきり言っています。そういうことをすべて聞いていても、私はやっぱり彼のことが好きだからどうしようもないのです。

すでに誰かと結婚していて、しかもその人とは離婚するつもりもない癖に出会い系し後を利用しているなんておかしいじゃないか、と考えるのはごく普通のことで、自分が火遊びの相手として遊ばれていると分かっているんだったら、女としては激怒して当たり前だと思うのですが、私はそれでも彼のことが好きなのです。本当にどうしようもないと自分でも思います、彼には、きっと多くの女性を虜にする魅力というか、言ってしまえばフェロモンみたいなものが出ているんだと思います。

生まれつきどうしようもなくモテてしまう男性って、なぜかいますよね。私のセフレはそういう体質をまさに持っているんだと思います。虜になってはいけないと思いながら、それでもやっぱり虜になってしまったのです。彼は既婚者で、しかも奥さんとは離婚するつもりがないといっているわけですから、私と彼との関係はおそらくずっとセフレのままです。

でも私にとっては彼が「本気で好きになることができた人」なので、たとえセフレの関係のままステップアップができないのだとしても関係なく、別れたくありません。たとえ月に一度くらいしか会えないような関係だとしても、私にとってはその月に一回が一番幸せな日なのです。

彼にはいっていないことですが、私は大学背の頃から少しだけ援助交際というものを経験していて、お金をもらう手前、よほどのことがない限りは相手の男性の言いなりになるようなセックスも経験してきました。私にとってセックスとは「お金をもらうことが前提になる行為」であって、愛情がもとになる行為ではありませんでした。ところが私がセフレアプリを利用して知り合ったセフレは(実は最初のうちは、援助交際を希望している男性を適当に引っ掛けるつもりだったんです)、私が持っていたセックスのイメージを完全に変えてしまいました。

私は彼に、私自身が満足できるセックスというものを教えてくれたのです。